TOP > お知らせ > 弊社が発行する「九州のムラへ行こう」vol.8(通算27号)が12月20日に発行されました



12.20.09

弊社が発行する「九州のムラへ行こう」vol.8(通算27号)が12月20日に発行されました

弊社が発行する「九州のムラへ行こう」vol.8が12月20日に発行されました。
今号の特集は「九州のムラ湯&ムラ鍋」。表紙には日本一の炭酸泉で知られる大分県竹田市直入町・長湯温泉の写真が使われています。
長湯温泉のほか、鹿児島県指宿市・鰻温泉などが紹介され、ムラのたびへと誘われます。

九州のムラvol8


特集:九州のムラ湯&ムラ鍋
 

父子でゆっくり、なが湯【大分・長湯温泉】
秘境の秘湯、蒸気むし料理【鹿児島・鰻温泉】
海の鍋、山の鍋、里の鍋 旬の食材が旨い!
マチのお母さん、かんころもち作りに挑戦!【長崎・外海地区】
好評!民泊 宮崎~熊本~大分を巡る!
役立ち ムラ三昧42件

■『九州のムラへ行こう』について

「九州のムラへ行こう」では、発行以来、九州の農・漁・山村で、地域に根ざし、土地固有の風土、産業を守り続けた人々の叡智と努力を、その「人」にフォーカスし、ドキュメンタリー主義に基づく徹底取材により紹介してきました。
昔から人々が暮らしてきた「ムラ」における様々な営みを取材しています。
「九州のムラへ行こう」は、観光雑誌や観光情報誌といったものではありません。
風土、風景、風習、風俗、風格、風味、風情といった『7つの風』の観点から、観光地でもない普通の地域、普通の人々、暮らし、そして暮らしが作る(守る)風景、技、食文化などを丹念に拾い上げ、その地域の宝(魅力)を引き出し、伝える、マチとムラとを繋ぐ"ツーリズムの応援誌"または"豊かな(新しい)ライフスタイルの提案誌"だと考えております。
マチ側がよりバーチャル(仮想現実)に、グローバルに、IT化・デジタル化を盲進するほど、その反動として自然豊かで生活感のあるムラを求めているのかも知れません。
雑誌発行を通じて、「都市」圏在住の方々に、「ムラ」の「人」や「思い」を紹介すると同時に、そこに「行ける、体験できる、楽しめる」情報を提供することで、ムラへ誘う活動を行っております。

■九州のムラへ行こう Vol.8(通算第27号)

発行人 今井祥雅
編集長 養父信夫
発行・編集 株式会社マインドシェア 九州のムラ出版室
 〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-5-19 サンライフ第3ビル tel 092-418-3105
 http://www.kyushunomura.net/
発売 株式会社文榮出版社
 〒812-8533 福岡市博多区住吉5-1-3 文榮出版社ビル tel 092-432-5303(販売部)
編集・制作 有限会社クロスポイント
印刷 株式会社ゼネラルアサヒ
定価 880円(本体価格838円+税)

■購入ご希望の方は下記までアクセスいただくかお電話にてお申込みください。

http://www.kyushunomura.net/order/

■本誌に関する問合せ先

株式会社マインドシェア
九州のムラ出版室
tel 092-418-3105
mail info@kyushunomura.net