TOP > お知らせ > 【マーケティング小説・チュー太はどのようにチーズ屋さんを成功させたのか】 第8章「お客さんとのコミュニケーションを増やせ」後編を公開しました



05.01.12

【マーケティング小説・チュー太はどのようにチーズ屋さんを成功させたのか】 第8章「お客さんとのコミュニケーションを増やせ」後編を公開しました

マーケティングプロデューサー 高橋朗のマーケティング小説「チュー太はどのようにチーズ屋さんを成功させたのか」の第8章「お客さんとのコミュニケーションを増やせ」後編を公開しました。

chuta_entrance123_129.jpgチーズ職人として独り立ちしたチュー太。少しずつお客さんは増えたものの自分1匹が生活していくほどしか売上がありません。売上を伸ばすにはどうしたらいいのか・・・。チーズ好きのおチューさんからのアドバイスはお客さんに質問し提案することでした。例えばお客さんの好みを知ればお客さんに合った食べ方などの提案ができ、お客さんの満足度が上がり、友だちに紹介をしてくれるかもしれません。しかし口下手なチュー太は、実際は何を質問していいのかわかりません。もっと頻繁に来店してもらえば自然にお客さんと会話ができると思ったチュー太は、おいしいチーズをよりおいしく食べるための料理教室を開くことにしました。

マーケティングって何?を学べる高橋朗のマーケティング小説
「チュー太はどのようにチーズ屋さんを成功させたのか」

第1章のストーリーからご覧になる方はこちら  
第8章後編(最新)のストーリーをご覧になる方はこちら

これまでチュー太が学んだこと
第1章 新しい事業・商品を作るときは、最初に「誰のためにビジネス」をするのか考える。
第2章 お客さんのこと、競合のことをよく知る。リサーチしないと戦略は立てられない。
第3章 ターゲットを絞り込み、ターゲットのためのサービス提供で顧客満足度を上げる。
第4章 良い商品でも特徴を伝えなければ売れない。キャッチコピーで差別化を図る。
第5章 売上と利益の関係を考える。やみくもに固定費、変動費を抑えればいいわけではない。
第6章 売上拡大にはペネトレーション戦略(広告などで一気に認知を広げる)とスキミング戦略
     (メディアを選択しゆっくりと認知を広げる)がある。特徴をよく理解し戦略を立てる。
第7章 質問し提案することでお客さんの満足度を上げる。ニーズやウォンツは、ただ聞くのではなく
     「こうじゃないか、ああじゃないか」と多くの仮説を立てながら質問することが重要。
第8章 最新のストーリーでご覧ください。

本件に関する問合せ先
株式会社マインドシェア
電話 03-6823-1216
メール cheers@mindshare.co.jp