味覚マーケティングが、売上アップや商品開発の課題を解決します。

味を見える化するとこんなことが可能に!

タン塩にはレモンよりグレープフルーツが合う!
タン塩にかけるレモン汁をグレープフルーツに変えると、もっとおいしい!焼肉店での注文数アップに貢献。
ピーマンにチョコをつけて子どもに食べさせると…
ピーマンにチョコレートをつけたら、子どものキライな野菜が好きな野菜に変わった! チョコレートの売り場拡大に貢献。
赤ワインよりビールが合うチーズが
チーズの中には、赤ワインよりもビールの方がよく合うものが! チーズがおつまみとして買われる機会の拡大に貢献。
味の違いを、上手に伝えられていますか?
ワインに詳しい方ばかり、とは限りません。
味の違いを、上手に伝えられていますか?
味を「見える化」することで、初心者にも違いが分かりやすくなります。
例えばヴィンテージによる違い
例えば産地による違い
味覚分析を使うと「おいしい」「よく合う」も、客観的な指標で示すことができます。