人事からのメッセージ

  • マインドシェアってどんな会社?
  • 社員インタビュー
  • 経営からのメッセージ
  • 人事からのメッセージ
  • 2018募集要項
型破りでいい。気取らずに自分の言葉で語って欲しい。

何かを成し遂げた経験は強みですね

Q.どんな学生さんに来てもらいたいですか?

長年、新卒採用に携わっていますが、多くの学生さんは「人に役立つこと、人を喜ばせることをやりたいから」と志望動機を語ってくれます。その気持ちは実際、マーケティングにとって大事なことです。けれども、マインドシェアに来てもらう学生さんには、もう一歩、踏み込んで考えてもらいたいもの。誰に、何を通じて、どんな風に役立ちたいのか。実際に自分がやってきたこととリンクさせて具体的なイメージを深めていただきたいですし、それを自分の言葉で語ることのできる人を求めています。

Q.やはり、インターン経験は必要でしょうか?

必ずしも必要ではありません。具体的に何をしてきたのか、そこで自分が何を得てきたのかが大事なのであって、それは別にバイトやサークル活動の中での経験であってもかまわないのです。ただ、マーケティングに携わる以上、“ビジネス”という視点を持つことは大切。マインドシェアでは、仕事を生活賃金をもらう場としては考えていません。入社していただいた人にはビジネスとして稼ぐ、事業を創っていくという意識を持って働いてもらいたいし、そういうヴィジョンを共有できる人に来てほしいですね。

Q.何か、具体的な人材像はあるのでしょうか?

はい、下記に詳しく記載しました。今すでに、これら人物像に当てはまるという人に積極的にご応募いただきたいです。マインドシェアの面接では、自分を飾っていただく必要はまったくありません。入社していただいたら長く一緒に働くことになるわけですから、気取ったところで無理がつのるばかりです。それよりも自分の言葉で素のままのアナタについて教えてもらいたいと思います。

【求める人材像】

■好奇心旺盛(社会に興味がある)な人

マーケティングの根っこにあるのは、何にでも「それって何でなの?」と興味を持つ好奇心です。世界を表面からだけでなく裏面からも観察し、自分なりの仮説を作れるような人。

■他人のために一役買うことが好きな人

人を喜ばせたい、面白いことがやりたい!という人こそ、マーケッターにはぴったり。忙しくても友達の誕生日にサプライズを考えて、それで楽しんでもらえたら疲れも忘れちゃうというような仕掛人。

■仲間とチームプレイで大きな事をするのが好きな人

人生の壁を乗り越えてこそ、人は成長します。高い壁にぶち当たったときに、どんな方法でもいいのでそれを乗り越える努力をし、達成するだけの粘り強さを持った人。

■現状に満足しないで新しい事にチャレンジできる人

例えば、バイト先で効率化のためのこんな提案をした!など、常に今をより良くするためのチャレンジを続けられる人。何事も半歩先を提案するのが、マーケティングという仕事です。

■ビジネスマンとして早く成長したいと思っている人

何でも自ら率先して行動することこそ、一人前のビジネスマンへの最短ルート。大変さの向こう側にある達成感や充実感に気づき、それを目指して頑張れる人。

■マーケティング領域のビジネスに興味を持っている人

いくら楽しく、面白くても仕事は仕事。ビジネスという視点でクライアントの利益向上を獲得できなければ、マーケッターとして失格。それもふまえて考えることができる人。