TOP > サービス紹介 > 事業領域別 > コンサルティング > タグライン開発(社員ブランド化)


コンサルティング

タグライン開発(社員ブランド化)

menu_namecard.jpgマインドシェアの社員と名刺を交換されたお客様が、必ず話題にすることがあります。
「タグライン」についてです。
マインドシェアでは社員一人一人が「自分だけのタグライン」を持っており、名刺に印刷しています。そのため名刺交換後は、タグラインの由来や感想で盛り上がるのが恒例化しています。

価値や役割を伝えるタグライン

そもそもタグラインと言えば、「価値」を一言で簡潔にまとめ、商品名や企業名に添えられる、ブランド戦略では定番の手法です。そして、ブランドを支えるのは何よりも「人」が第一。だったらまずは「人」をきちんとブランド化しよう、と考えたのが、マインドシェアの「全社員タグライン化計画」の始まりです。

※当社社員のタグラインの一例
http://www.mindshare.co.jp/recruit/chuto/shain.html

お客様とのコミュニケーションを図る上で、以下のような効果があります。

●話題作り・・・弊社社員と初顔合わせの際には、まずタグラインの存在自体がサプライズとなります。由来を聞かれたり答えたり、感想をいただいたりと、盛り上がるネタには事欠きません。二度目以降にお会いする場合でも、新しい社員を連れていくたびに、「タグラインは何だろう?」と興味を持っていただいています。

●覚えてもらえる・・・名前や顔の印象だけよりも、「タグライン」をプラスした方が、ずっとお客様の印象に残りやすく、訪問後も個人個人のことを覚えていただきやすくなりました。中には、本名を覚えてもらえず、「ほら、○○の方」というようにタグラインだけ覚えていただいている社員もいます。

●価値が伝わる・・・タグラインの本来の役割です。自分の強みや方針を簡潔にまとめているから、仕事を通じてご提供できる「価値」をスムーズにご理解・ご期待いただけています。「タグラインが○○なら、こんなことも頼んじゃおうかな」という訳です。

さらに、社員自身にとって、「今の自分の強み」「自分の目標」「会社やお客様から求められるミッション」などを日々意識することにつながっていることも、大きな成果です。

マインドシェアでは「社員1人1人のタグライン」を開発するサービスを提供しています。
また、タグライン開発に必須となる企業/各部署/各社員のミッション明確化のためのコンサルティングもおこなっています。

お客様サポート室
担当: 小池
Webからのお問い合せはこちら

タグライン開発サポートの流れ(例)

経営層ヒアリング
会社として社員に求める理想像や、経営方針・教育方針などを確認。社員のタグラインに共通して込めるべき要素を固めます。
社内セミナー実施
タグラインをフックとした業務コミュニケーションのあり方や、個々人のブランディングの重要性について、社員の理解促進を図ります。
社員プロフィール確認
個々の社員について、顔写真や経歴・職務内容などを確認。社員自身がタグラインに込めたい想いなども提出していただきます。社員一人一人にインタビューさせていただくこともあります。
各部署の上長ヒアリング
各部・各課の責任者に、各社員の人柄や強み、業務実態、求めるミッションなどをお聞きします。
タグライン候補の提示
収集した情報をもとに、1人3案程度のタグラインを開発。各タグラインに込めた想いや、業務における活用方法も提示します。
候補の中に採用に至る案がなかった場合には、「もっとこんな要素も」という希望に応じて、修正・追加に対応します。

ご相談はいつでも無料 03-6823-1216

Webからのお問合せはこちら