TOP > サービス紹介 > 事業領域別 > 地域活性 > 九州の観光・地域づくりマガジン「九州のムラ」 (休刊中)


地域活性

九州の観光・地域づくりマガジン「九州のムラ」 (休刊中)

121130kyumura.jpgグリーン、ブルー・ツーリズムやスローフード、「たび」と「食」を切り口に、マチとムラに住む人々の交流を促進する、ツーリズム雑誌「九州のムラ」。"人群れるところはすべてムラ"という考えのもと、"ムラの生命(いのち)をマチの暮らしに、マチの活力(ちから)をムラの生業(なりわい)に"をテーマに九州各地を取材しています。
読者は"ムラガール"。田舎暮らし、スローライフ、自然体験等に興味を持ち、農的暮らし方や価値観をライフスタイルとして生活に取り入れている女性たち。ムラガールの感性がムラの人たちと共鳴し、新たなムラづくり、生業づくりが始まります。

121219kyumura2.jpg 121219kyumura3.jpg 121219kyumura4.jpg 
媒体活用事例

①民間企業との広告タイアップ
民間企業が行う、地道な地域活動にスポットを当てています。「地域の活動」を全国へと広く紹介。「たび」と「食」の分野を中心に、大手企業とのムラプロジェクトを展開中。

②"ムラ"の魅力掘り起こし
国、県の地域活性事業での広報PR予算を生かし、地元に住む人々が日ごろ気づかない魅力を掘り起こし、効率的に情報発信。また、ツーリズムの機運を高めるため、企画立案時点から、地元住民を巻き込んだ誌面づくり。

③観光連盟や商工会などの情報発信
マチ・ムラ交流を期待する観光連盟や商工会とともに、離島キャンペーンや新たな特産品開発などを継続的に応援。モニターツアーの集客などでも効果を発揮します。

都市圏在住の人々に、「ムラ」の「人」や「思い」を紹介すると同時に、地域づくりへの熱い思いを発信。独自の取材力を生かして、週末、思わずムラに行きたくなる「味わえる、体験できる」最新情報を提供し続け、ムラへ人を誘う活動を行っています。

九州のムラ メールマガジン配信サービス

「九 州のムラ」ではこれまで延べ200カ所以上の市町村(地区)を紹介する中で、数多くの地域活性に関わる人、興味のある人との接点を築いてきました。「九州 のムラ」メールマガジンも配信し、現在では5000名を超える方々に配信しています。配信先である、地域に関わる行政職員、生産者、ツーリズム実践者、九 州のムラ読者などを対象に地域のイベント情報、観光情報などを配信してみませんか。

配信先 5,000名(行政職員、生産者、ツーリズム実践者、地域活性グループ、九州のムラ購読者、地域活性に興味を持つ生活者等)
配信料 52,500円(税込) ※1名あたり10円(税抜)で換算
活用例 イベント告知、モニターツアー参加者募集、特産品紹介、地域おこし協力隊など人材募集、視察研修の受け入れ 等

九州のムラ DM発送サービス

「九州のムラ」の発行前後に定期購読者やメルマガ会員の中から地域活性に特に興味を持つ1500名に対し、地域の観光パンフレットやイベント案内物を発送するサービスです。

発送先 1,500名(行政職員、生産者、ツーリズム実践者、地域活性グループ、九州のムラ購読者、地域活性に興味を持つ生活者等)
発送費 52,500円(税込) ※1名あたり33円(税抜)で換算

九州のムラへ行こう Webサイト
http://www.kyushunomura.net/

電子ブックで誌面をご覧いただけます。
http://lb.ebpark.jp/booksdateil.aspx?codestr=T00068

<関連する実績>
村民が主役!村の来訪客増加を図る仕組みづくり

 

お客様サポート室
担当: 小池
Webからのお問い合せはこちら

発行
年4回
部数/判型/定価
20,000部
A4 4C 88P
880円(税込)
発行人・編集長
発行人:今井祥雅
編集長:養父信夫
購入方法
九州各県、山口県内の主要書店約500ヶ所、道の駅、公共施設、東京・ジュンク堂新宿店、丸善丸の内本店、紀伊国屋横浜そごう店
ほかネット販売
Amazon.co.jp
Fujisan.co.jp
Webフォームからの問い合わせ

ご相談はいつでも無料 03-6823-1216

Webからのお問合せはこちら

実績をご覧下さい

地域振興デザイン/ワークショップ・座談会開催で人材育成につなが ...

新潟県南魚沼市 三分区つむぎ通り町づくり実行委員会

都市型直売所開発/東京の青山で生産者が旬の野菜を消費者へ届ける ...

農林水産省 マルシェ・ジャポン・プロジェクト