TOP > サービス紹介 > 事業領域別 > マーケティングリサーチ > 商品開発のための調査


マーケティングリサーチ

商品開発のための調査及び各種サポート

今やモノづくりは「その売り方」から発想する時代です。売り方発想の調査設計が評価をいただいています。

推測や経験則ばかりに頼った商品開発は、一種の"賭け"のようなものになってしまいます。事前のマーケット・リサーチにより、ターゲットの「ニーズ」や「選択要因」、「伝わりやすいコミュニケーション」を把握することで、「売れる商品づくり」だけでなく、「失敗しない売り方」まで明確にします。物づくりのためだけの調査に留まらない、マーケティング・パートナーの立場で、商品開発を成功に導きます。

"失敗しない商品開発"のために

本来はマーケティング戦略と切り離せない商品開発。
戦略構築を踏まえた調査設計と結果レポートこそが必要不可欠になります。

商品開発のプロセスは、関係部署・関係者が多岐にわたるので、各段階で次の段階に進めるために明確な理由に基づいた意志決定が求められます。調査結果というエビデンスは非常に重要な役割を果たします。それに加え、"モノ"としての商品の開発だけでなく、市場投入後の"売り方=マーケティング戦略"まで織り込んだコンセプトやネーミング、デザイン、コミュニケーションがあってこそ、失敗しない「売れる商品づくり」と言えるのではないでしょうか。マインドシェアでは、マーケティング戦略の構築を想定して、事前の調査設計から調査結果の報告レポートまでを実施しています。


ターゲットのニーズや選択要因などを明確にするための各種調査・分析を実施。

調査・分析手法の例:デプスインタビュー、グループインタビュー、エスノグラフィ
競合商品との比較優位性を明確化し、商品の企画内容やコンセプトを確定するための各種調査・分析を実施。

調査・分析手法の例:各担当部署に対するヒアリング、競合分析(SWOTなど)、ターゲティングなど
調査対象を広げ、新商品がターゲットや流通に受け入れられるかを検証する各種調査・分析を実施。

調査・分析手法の例:インターネット調査、会場調査(CLTなど)、ホームユーステストなど
上記の調査プロセス全体を通じて、商品のコンセプトやネーミング、デザイン、パッケージ、キャッチコピー、広告デザイン、価格、販売チャネル、各種販促ツール等々の有効性を分析・検証。

主な成果事例のご紹介

試作品の性能評価調査から、コミュニケーション開発のための調査までを実施

ターゲットが求めるデザインの方向性を導出するデザイン検証調査を実施

市場における受容性を高めるために、試作品のスペック修正点を導出する調査を実施

リニューアルの不調要因を特定し、売上向上につながるパッケージや売り方を開発

地場の食材を使った地域活性化を目指した特産品づくりをトータルでサポート

ターゲット層への喫食調査を通して、新コンセプトの食品開発をサポート

商品の存在意義の検証からコンセプトを再設計し、商品およびパッケージをリニューアル

ターゲットのニーズを突き詰め、ガリバー商品に対抗するコミュニケーションを開発

ターゲットの食の価値観調査とデザイン受容性調査に基づいてパッケージデザインをリニューアル

ホームユーステストとグループインタビューを通じて訴求ポイントと商品改良のヒントを導出する調査を実施 。


詳しい実績のご紹介

商品コンセプト再構築で商品の価値を明確にし、商品開発の方向性を提案

詳しくはこちら


既存商品が価値をできていない「隙間」を発見し、競合ひしめく市場に新規参入

詳しくはこちら




<関連するサービス紹介ページ>

食品の新商品開発・商品リニューアルに実績多数!マインドシェア ヒット商品開発部


ご相談はいつでも無料 03-6823-1216

Webからのお問合せはこちら