TOP > サービス紹介 > テーマ別 > 学校・塾 > 【就職活動期】 就職活動関連の課題解決サポート


学校・塾

【就職活動期】 就職活動関連の課題解決サポート

就職活動期のアプローチ

近年、受験生の入学検討において、就職状況のウエイトが高まってきています。
そのため、入学者・出願者拡大のためにも、就職率のUPや、有名企業・大企業への就職実績向上については、
避けられないミッションとなります。 充実した就職活動のサポートを行うためにも、
学生の要望と企業側のニーズをよく理解することが重要となります。

  • 就職サポートが役立っているのかわからない
  • 就職率が低い
  • 希望の就職先に進めていない

課題例

関連する主なステークホルダー

  • 在校生

  • 卒業生

  • 企業採用担当

課題に応じて、それぞれの
ステークホルダーに対して調査を実施

在校生調査

在学生の就職活動や今後の希望などを把握し、キャリアサポート体制の改善に役立てる。

卒業生調査

卒業時点で、就職活動内容や自校のキャリアサポートに対する評価を把握することで、後輩へのフィードバックや、サポートの改善を行う。

企業採用担当調査

自校の卒業生の評価を把握し、企業採用担当者の視点を意識したキャリアサポート改善、卒業生のイメージをPRコンテンツとして活用する。

課題に応じて、上記を組み合わせて実施することで、
就職・キャリアサポートへの理解が深まります。

就職活動~卒業:参考事例

卒業していく4年生の、就職活動実態や、自校のキャリアサポートに対する評価を正しく把握できていないことが課題となっていた。
そこで、卒業式当日にアンケートを実施することで100%近い回収率を実現。就職活動に対する満足度が高い人/低い人の傾向を分析することで、「就職活動で失敗しないための方程式」を導出。
就職活動時のキャリア支援において大いにご活用いただいている。

S大学の事例

ご相談はいつでも無料 03-6823-1216

Webからのお問合せはこちら