TOP > お知らせ > 【リリース】 子年齢をセグメントしてLINEでママにリーチ!MaMaReach(ママリーチ)新プラン



10.01.18

【リリース】 子年齢をセグメントしてLINEでママにリーチ!MaMaReach(ママリーチ)新プラン

子育て中のママにリーチできるMaMaReach(ママリーチ)がバージョンUP!
子年齢をセグメントしてママにリーチできる機能はそのままに、ママの79%が使用しているLINE※での配信が可能となりました。
(※日本のママ白書2017年より)


これまでのデモグラ(女性/20代~40代)でのセグメント配信では、ママかどうかは不明で、かつ同じ年代でも子年齢が同じとは限らないため、非効率な面もありました。
MaMaReach(ママリーチ)は、子年齢のセグメントを必要とする商材に最適なプランです。
子育て中のママの行動データによる詳細なターゲティングと実体験データを活用し、広告効果を最大化いたします。

ママリーチLINE.jpg

ご活用例

【住宅】  ママは子どもが産まれた、または小学校に上がる前のタイミングで住宅購入を決定します。30代女性でセグメントするよりも、小学校に上がる前の「0~6才の子どもを持つママ+戸建住宅に関心のあるママ」でセグメント

【教育】  幼児教育商材は教材や教室により、ターゲットの子年齢が異なります。ママ年齢より「2~5才」等、教材や教室のターゲットに沿った子年齢でセグメント

【家電/自動車】  妊娠、出産を機に新たに購入、または買い替えることが多い家電製品や自動車。ママの年齢よりも「妊娠中~2才」等の子年齢でセグメント

【入学準備用品】  ランドセルや学習机等、入学前に必要になる商材は特にターゲットが少なく、ママ年齢でセグメントすると無駄打ちが多くなります。ママ年齢よりも「来年度小学校に入学する子どもを持つママ」でセグメント

【食品】  子供の口に入れる食品に対して、特に1人目のお子さんが誕生したばかりの新米ママは敏感。「第1子が0才」のお子さんをもつママにセグメント


他、保険、おむつベビーカー等の幼児用品、電動アシスト付自転車、離乳食、幼児食等の食品
子どもの年齢、月齢によって左右される商材は多く、「子年齢」でママにセグメントすることが有効です。



○MaMaReach LINE配信について

・子年齢をセグメントしてLINEでママにリーチ可能
 →ママの79%が使用しているLINEのTime LINEとNEWS LINEの掲載面において、
  商材のターゲットに応じた子年齢のセグメントで配信が可能です。

・子どもの生年月データや3,000万人の生活行動圏データ、5億UBの3rdパーティーデータをもとに、
"子年齢"でセグメントし、ママと親和性の高いメディアで配信いたします。



○ママの消費購買行動のポイント (ママ白書2017より)
1.ママ年齢ではなく子年齢別コミュニケーションで効率的に伝わる
 ・ママの悩みは子供の成長とともに変化する
 ・ママ年齢ではなく、子年齢ごとに悩み事が違う
 ・悩みは育児だけでなく、ママ自身のこと、仕事、家事など多岐に渡る

2.ママの商品購入時に決め手となる情報源は"体験"と"口コミ"
  出産前後で、「収集する情報の大半が『ママ向け『子育て関連情報になった』」
 「『ママの体験談』を重視するようになった」「口コミを信頼することが多くなった」など、
 メディアへの接触機会が減り、経験者の意見や体験談を重視するように。



○マインドシェア・ママ・マーケティングカンパニー(M3C)の特徴
M3Cは、ママターゲットに特化した、マーケティング会社です。
「オンライン」と「オフライン」の双方から、独自のネットワークとノウハウで子育て中のママたちにアプローチし、
"ママのこえ"を集めております。



この機会に是非、MaMaReach(ママリーチ)をご利用ください。




====================================================================
【会社概要】
会社名:株式会社マインドシェア・ママ・マーケティング・カンパニー
所在地:東京都港区三田3丁目2番8号Net2三田ビル6F
代表者:今井祥雅
URL:https://www.mama-marketing.co.jp/

【お客様からのお問い合わせ先】
《問い合わせ先》
株式会社マインドシェア・ママ・マーケティング・カンパニー
TEL:03-6823-1400
mamareach.ad@mindshare.co.jp


【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社マインドシェア・ママ・マーケティング・カンパニー
pr_biz@mama-marketing.co.jp
====================================================================