TOP > サービス紹介 > 事業領域別 > コンサルティング > 売れるしくみをつくる"マーケティング戦略"サポート


コンサルティング

売れるしくみをつくる"マーケティング戦略"サポート

モノ余りの市場で"売れる"しくみやサービスを創れるマーケティング戦略!

マーケティング力 = 売れるしくみを創る

「マーケティング」や「販売促進」、「商品企画・開発」、「営業」部署の皆さんの戦略参謀となり、プロジェクトを推進する役割を担います。

また、私たちのマーケティング戦略サポートをさせていただく企業には、マーケティング部署がないということで、その担当者として経営と企画開発や営業部門の間に入るHUB的な役割を担うケースも少なくありません。

~ 事例を紹介 ~

困りごと

もっと営業推進を図りたい。
商品の信頼度を高め、販売量を上げたい。


解決サポート
営業力(売る力)を強化する

「売りやすさ」「買いやすさ」を追求したしくみで勝つ
● 強い販売先を掴むための営業戦略
● 支持の高い他社商品と同時検討される商品への成長戦略

 の戦略策定のために、

1. 既存顧客の現状分析
2. 商品コミュニケーション戦略を再構築
    →商品のブランド化、記憶に残すしくみ創り(販促ツールや展示会訴求)
3. 商品のブランド価値向上
4. 売りやすい、説明しやすい、期待できる商品プレゼン戦略

 を構築していく。

ここで達成に導くのに最も大切なのは、
購入までの歩留りを向上させるコミュニケーション戦略


商品情報は、共感を得るために商品の背景やストーリーまで含めて
商品の価値として伝えていくコト売りが重要


▶商品の価値=商品の背景+ストーリー


マーケティング戦略.jpg
成果がカタチに


売りやすさと買いやすさの推進を行った結果、
新規顧客獲得へつながり始めました。

マーケティング戦略



戦略構築力で差がつく!
モノ余りの市場で
売れるしくみやサービスを
創れる!




マーケティング戦略.jpeg  
なぜ、マーケティング戦略が必要なのでしょうか


モノ余り時代、売れる商品を創るためにはしくみが不可欠です

△価格が高いから
△店頭配荷が進んでいないから
△生活者に知られていないから
という理由を上げがちですが、

"売れない"のは、売れるしくみが構築されていないからなのです

以下は、メーカーで多く抽出される課題です。

・顧客ニーズの掌握不足(取得方法と視点の間違い)
・過度な技術志向(支払意思額との乖離)
・顧客視点要素の欠如(メーカー本位の思考)
・競合と差別化するストーリーが描けていない
・質と付加価値で勝負できていない

すべてマーケティング戦略によって解決できるタスクです

「課題を認識している。」「どうにかいなくてはいけないと考えている。」「すでに動き出している。」というご担当者の皆さん、同じ社員として発言のしにくさ、他部署の動かしづらさで滞ってはいませんか?

マーケティング戦略サポートを外部に依頼することで、第三者だからこそ進言できること、客観的視点だからこそ責めにはならず、正しく課題や問題点を抽出し、理解促進を図りながらスムーズに進めることが可能です。

まずはお気軽にご相談ください。
現状把握のためのヒアリング後に"売れるしくみづくり"のための最適な施策提案を行います。


お客様サポート室
担当: 小池
Webからのお問い合せはこちら

ご相談はいつでも無料 03-6823-1216

Webからのお問合せはこちら