TOP > サービス紹介 > 事業領域別 > クリエイティブ > カタログ・パンフレット


クリエイティブ

パンフレット・カタログ

見た目重視や情報の詰め込みは必ずしも結果に表れません。「売り方」をふまえたアウトプットが評価されています。

カタログやパンフレットの目的は、伝えたいことを伝えることではなく、受け取る側(ターゲット)がメリットを感じることを伝え、商品やサービスに関心を抱かせることです。そのためには、デザイン性や情報が整理されているといった「見た目」を追求することだけで、成果を上げられるものではありません。マインドシェアは、商品、サービスとターゲットニーズの関連性から効果的な「売り方」を導き出し、それに沿ったデザインや情報を具現化するカタログ、パンフレットをご提案します。

成果をあげるカタログ・パンフレットを作るには?

カタログ、パンフレットはとかくデザイン優先、情報を詰め込みすぎになりがち。
しかし、実際の営業シーンで利用するには、「現場」を把握し、
顧客ニーズを知る営業部隊との連携が必要不可欠です。

下記プロセスでのパンフレット・カタログ作りにより、様々な目的を実現

この段階で、パンフレット・カタログ作りの目的に応じたコンセプトを構築し、
顧客(消費者)とスムースなコミュニケーションを図る基礎とします

コミュニケーション戦略の構築

営業フローを見据えた展開案

商品の認知浸透を図るために


調査実施フロー

「誰」に「何」を「どのよう」に伝えるか、紹介する商品、サービスの特長とともに、
営業スタイルに見合う最適な提案を導き出すためのヒアリングを行います。

競合商品の分析、商品、サービスの市場優位性をはじめ、
既存ツールの課題抽出など多方面からマーケット分析を行います。

紹介する商品やサービスと顧客(消費者)をつなぐコミュニケーションコンセプトを構築し、
商品や企業ブランドを醸成するプランの基礎とします。

顧客メリットが端的に伝わる情報展開と営業シーンで有効活用できる
誌面デザイン/スタイルをご提案します。

プランニングだけでなく、各業界に通じたスタッフを配置した実作業を含め、
トータルソリューションでカタログ、パンフレットを製作します。

予算、スケジュール、利用シーンなどさまざまな条件にも柔軟に対応して印刷・加工を行います。


主な成果事例のご紹介

製品情報だけでなく、企業・製品ブランドも訴求。営業が使いやすい製品カタログに
情報整理+イラスト掲載で、「分かりやすく」「親しみやすい」総合製品カタログを制作
情報整理+イラスト掲載で、「分かりやすく」「親しみやすい」総合製品カタログを制作
ブランド価値をパンフレットに反映させ、ホテル内のレストラン売上げを拡大
イラストを使いわかりやすくサービスを紹介。DVD制作

ご相談はいつでも無料 03-6823-1216

Webからのお問合せはこちら