logo

実績紹介

売上不振店舗の事業性検証

売上不振店舗の事業性検証。業界のライフサイクルや市場の推移、 商圏分析から今後の方向性を提示

売上不振店舗の事業性検証
クライアント 運輸・交通サービス会社
目的 営業の見直しにあたり、業界の市場検証を行い、今後の方向性示唆の材料としたい
課題 アミューズメント施設の売上げ不振
業務サポート領域 各種マーケティング調査
・市場規模分析
・商圏分析
・施設視認性分析

業界は斜陽期を過ぎ、市場規模・売上ともに安定期に入り、クライアント様が持つ施設でも売上不振が続いていました。「このまま施設運営を継続させるか否か」「続させるとすれば業績向上のための施策は何か」、今後の判断のための検討材料がほしいというクライアント様へ、市場推移、業界の現状、今後の展開の可能性についてレポートを提示しました。

過去から現在までの市場推移を分析

業界のライフサイクルから見るとすでに安定期に入っており、市場規模が今後拡大することは考えにくい状況でした。しかし様々な分析をさらに読み込んで、詳細な市場規模とポジショニングを把握しました。
・市場規模推移を分析
・市場が縮小する中で、業績を伸ばす競合の集客施策を分析
・会員分析により当該施設の商圏を想定
・商圏内の住民特性の分析、付近の開発計画から市場の将来性を予測
・商圏内の競合の状況把握
・商圏内における売上可能額の算出

現在までの分析から将来に向けての検証

市場推移や商圏分析より今後の方向性を検証。中期計画及び短期計画を提示。
・中期計画として大きく2つの事業方向性を提示。
 事業転換もしくは業態変更、施設の閉鎖
・短期計画として収益改善のための3つの改善策を提案。
 顧客囲い込み施策、新規客獲得施策、施設改善施策

カテゴリー: 住まい・暮らし