logo

実績紹介

エリア特性と店舗とのギャップを分析

エリア特性と店舗とのギャップを分析 ギャップを埋めることで売上げ向上を実現

エリア特性と店舗とのギャップを分析
クライアント 海外ジュエリーショップ
目的 店舗、ブランドの認知と、店舗への信頼感を得ることにより売上げアップにつなげていきたいが、エリア特性と店舗が上手くマッチングしていないという仮説が浮上した。そのギャップを埋めるために現場調査を行った。
業務サポート領域 店舗診断

店舗、ブランドの認知と、店舗への信頼感を得ることにより売上げアップにつなげていきたいというクライアントの要望に対して、マインドシェアではヒアリングを行い、その結果、エリア特性と店舗が上手くマッチングしていないという仮説を立てました。そこから、エリア特性と自店舗とのギャップを埋め、売れる店舗にする為に以下のフェイズ1〜3を実施しました。

フェイズ1 
自店舗があるエリアの特性を把握

リアル店舗の成功要因として重要なのは、店づくり、顧客対応、商品構成、プロモーションの4つのポイントがエリアの特性に沿うようなかたちで”四位一体”となっていることが重要である。その為にまず、エリアの特性を多面的に把握。

フェイズ2 
店舗診断を行い、エリア特性と自店舗とのギャップを抽出

店舗診断においても前述した4つの視点で多面的に診断。ただし、個別の対策では効果がないと想定されたため、それらを有機的に連動させていく視点で診断を実施した。その診断結果がエリア特性に適合しているのか否かを分析し、ギャップを抽出。

フェイズ3 
エリア特性とのギャップを埋めるための具体的プランを提案

本件ではエリア特性と自店舗とのギャップを把握するための調査だけを求められており、「物理的に不可能な改善案はいらない」とお話いただいておりました。しかし課題だけでは前に進むことは出来ないと考え、たとえすぐに出来ないことであっても、フェイズ2で抽出されたギャップを埋めるために、買いやすい動線、購買心理を誘う演出など、さまざまな角度から店舗の活性化につながる施策を提案しました。
その後、改善案に基いて店長が店舗レイアウトを変更。 来店人数・滞留時間・売上げが向上しました。

カテゴリー: 住まい・暮らし