logo

実績紹介

好調店・不調店への調査から好調要因を分析

好調店・不調店への調査から好調要因を分析。
好調店のルールを社内で汎用化

好調店・不調店への調査から好調要因を分析
クライアント 外食チェーン店
目的 好調店・不調店の要因を把握し、今後の営業活動に活用
業務サポート領域 ・好調店・不調店の覆面調査(ミステリーショッパー)
・好調店・不調店の店長ヒアリング
・店舗利用会員800名への顧客満足度調査

店舗側・顧客側それぞれの視点から売上好調の理由を分析

好調店と不調店の違いを明確にし、今後の営業活動に活用するため、好調店・不調店の店長・スタッフへのヒアリング、覆面調査を実施するとともに、店舗会員に対する顧客満足度調査を実施し、実際の顧客評価も取得。店舗・顧客の両面から好調要因・不調要因を分析しました。
調査データ

好調店・不調店の違いを明らかにし、全社の取り組みとして実施

結果、売上が特に好調な店舗では店長が「サーバントリーダーシップ」の考え方のもとにマネジメントを行っていることが明らかになりました。本調査結果に基づき、店長の教育プログラム開発への取り組みを実施しました。

カテゴリー: 食品