logo

実績紹介

産後すぐに手渡しで疾患啓蒙と通院促進

全国の産婦人科で、産後すぐに手渡しするタイミングで、疾患啓蒙と通院促進

産後すぐに手渡しで疾患啓蒙と通院促進
クライアント 製薬会社
目的 乳児疾患啓蒙と通院促進
課題 産後ママ(新生児ママ)に対して疾患の正しい理解が進んでいないため、症状の発生数に対して、通院し症状の相談をするママが少ない。
業務サポート領域
・産後ママ媒体「赤ちゃんみんなのハンドブック」出稿
・産後ママへの広告クリエイティブ制作

出稿後、疾患啓蒙サイトへのアクセスが増え、通院・相談する産後ママが増加

乳児に発生する皮膚の表面や内部にできる「赤あざ」症状の疾患啓蒙と通院促進について、これまでは医院・クリニックへの活動が主となっており、また疾患は乳児疾患のため、産後ママやその家族への啓蒙には、細かな子月齢を区切っての啓蒙が必要でした。

全国の産院で産後ママへ直接、疾患啓蒙を実施

早期発見・早期治療のために、生後1ヶ月~6ヶ月までの産後ママへ認知啓蒙が必要のため、マインドシェアでは「全国の産院」で「日本の産後ママ80%をカバー」する「赤ちゃんみんなのハンドブック」での疾患啓蒙を実施しました。

疾患啓蒙サイトへのアクセスが増え、通院・相談する産後ママが増加

疾患啓蒙のKPIである「疾患啓蒙サイトへのアクセス」について、出稿後増加。特に産後ママに絞った集客はこれまで、妊婦媒体では時期が早く、ネット媒体では産後すぐの子育てママを捕捉できなかったが、しっかりと産後ママへ疾患啓蒙ができている、との評価をいただきました。

カテゴリー: 住まい・暮らし