logo

実績紹介

あしがらブランディング推進事業

自治体の枠を超えた「広域連携」により、
再認識した地域資源からブランディングを推進

あしがらブランディング推進事業
クライアント あしがらローカルブランディング推進協議会
※構成自治体:南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町
目的 神奈川県西部にある『あしがらエリア』は、都心から近いエリアでありながら、ほどよい田舎の雰囲気を有する地域であり、豊かな自然、温泉、豊富な農産物など、多彩な魅力に溢れています。近隣にはインバウンド客を含め多くの人が訪れている場所があり、そこから一足延ばして来てもらうことが課題です。そこで、観光振興や認知度・知名度の向上を図るため『あしがらエリア』という広域圏でのブランディングを図りました。
業務サポート領域 ・調査
・コンセプト構築
・アクションプラン構築
・イベント
・クリエイティブ

ブランドコンセプト構築からアクションプラン策定まで
複数自治体の方の意見を集約することで地域の魅力・誇りを統一

ブランディングにあたって第一に、エリア内外の人に対して『あしがらエリア』の統一イメージを醸成すべく、新たなブランドコンセプト開発に着手。静態資料や公開資料の整理・分析、モニターツアー・ワークショップの開催などを通じて、あしがらエリア共通の地域資源・魅力を再整理し、「千年の湧水、あしがら水源」とあしがらエリアの魅力である「水」に焦点をあてたブランドコンセプトを構築しました。
また、構成自治体の酒造、飲食店組合、商工会の方々を対象に、現状の課題の把握、ブランディング施策の実施アイデアの抽出、ブランディング施策の方向性等のアイデアを抽出するグループ討議といったワークショップを開催し、集められた意見をもとに、ブランドコンセプトのブラッシュアップと、ターゲット設定を実施。最終的に「食のあしがら」と具体的なテーマを絞り込み、アクションプランまで落とし込みました。

千年の湧水、あしがら水源のコンセプト

多様なプロモーションを通じてコンセプトやターゲットの仮説を検証。
継続的にブランディングをブラッシュアップ!

『あしがらエリア』のターゲット設定やアクションプランの策定に続いては、ブランドコンセプト及びアクションプランの仮説検証を行いました。
設定したターゲット毎にモニターツアーを実施、主要ターミナル駅でのブース出展及びアンケート調査、車両内でのPR動画放映・ポスター設置、あしがらマルシェを始めとした地元イベントへの出展といった様々なプロモーション活動を通じて検証を実施。ブランドコンセプトやターゲット設定の有効性に基づき、更なるブランドの浸透・醸成に向けたブラッシュアップを図りました。
あしがらワークショップやPR、モニターツアーの様子

カテゴリー: 地域・行政