logo

実績紹介

検証→改善サイクルで顧客視点のメニュー開発

顧客視点のメニュー開発、店舗コミュニケーション評価により店舗改善へ

検証→改善サイクルで顧客視点のメニュー開発
クライアント レストランチェーン
目的 ・ターゲットに合致したメニュー開発
・来店促進
業務サポート領域 ・試食会
・グループインタビュー
・店舗調査

レストランチェーン店を展開するクライアントは、時代とともに来店客層と客単価が変化し、ファミリーレストランにおいても変化に即した新メニュー開発や来店促進を行う必要があると考えておられました。この課題に対し、マインドシェアでは新メニューの発売前の評価・改善、発売後のメニュー評価、また店舗評価・改善に至るまで、顧客の声を取り入れた顧客視点での改善提案を行いました。

商品開発サイクルで顧客視点の商品開発

シーズン毎に商品開発サイクルを繰り返し、常に顧客視点での商品開発を行いました。

<試食会>
ユーザー・ノンユーザーを対象に、自社で考案したメニューの試食会を行い評価。
   ↓
<改善・販売>
試食会の評価を反映し、メニュー改善を行ったものを実際に販売。
   ↓
<店頭アンケート>
実際に販売したものを食べた顧客に対し、メニュー評価のアンケートを実施。

結果、シーズンメニューが定番化する例やその商品にリピーターがつく等成果が出てきました。

アンケートデータ

店舗と消費者のコミュニケーション評価で改善施策

半期毎にグループインタビューを実施。ファミリーレストランや外食のトレンドを常に把握し、店舗と消費者のコミュニケーションについてあるべき姿を導き出しました。また競合店の動向及び利用状況も把握し定期的な生活者ニーズの理解もあわせて行いました。

ユーザー・ノンユーザー毎にメニューブック他、内外装といったコミュニケーション方法の評価をしてもらい、結果、店舗のリニューアルに繋がった例や競合店対抗策として価格設定を変える等、マインドシェアの提案内容と結果レポートをフル活用いただきました。

カテゴリー: 食品