logo

地域マーケティング

モノづくり(特産品・販路開拓等)

特産品の価値は、それでしか得られないという
稀少性と、独自の物語から生まれます
マーケティング視点に基づいて商品の開発から
販路のマッチングまでサポートします

単なる地域産品では、もはや注目さえもしてもらえません。モノ消費からコト消費、トキ消費、イミ消費、ヒト消費へと絶え間なく変化していく生活者の消費マインドに合わせて、新しい資源の発掘から、ニーズに合わせた切り口の創出、売れる特産品への磨き上げ、販路の開拓・マッチングまで一気通貫でサポートします。

商品コンセプトを明確化するマーケティングの実践で「売れる」特産品を開発

既にSNSに動画サイト、各種アプリ等々、生活者が利用する多様な情報収集手段には、あらゆる地域の「おいしい」特産品の情報があふれています。また販路も、スーパーマーケット、百貨店といった流通ネットワークから、道の駅、直売所等の店舗、さらに通販サイトやふるさと納税サイト、事業者それぞれのECサイトと多岐にわたっています。そうした状況の中で、「選ばれる」商品となるためには、マーケティングが不可欠です。
市場調査や3C分析、SWOT分析等を通じて、ターゲット=誰に買って欲しいのか、コンセプト=どのような価値を提供するのかを明確化し、それに適した販路の開拓やプロモーション施策の立案を行っていきます。

地域に波及する経済効果を生む観光商品はターゲットとテーマが重要

ご存知の通り、良い商品が必ずしも売れる商品とは限りません。誰に向けて、どのようなテーマで、どのような価値を訴求するのか? がとても重要です。これは観光地や観光スポットについても同じことが言えるでしょう。
特産品の購入や特産品に関連する体験プログラムの機会を設け、観光商品として成立させることもその手法の一つ。そしてそれによって、波及する領域が広い経済効果をもたらすことも可能になります。
例えば、農産品なら農業体験・収穫体験や料理教室、地域の祭り等と組み合わせたり、加工品なら工場での見学や体験プログラム、原材料の収穫体験等と組み合わせたり。
収益源が増えるだけでなく、特産品にまつわる歴史やストーリー、生の体験が合わさることで、地域の魅力を複合的に伝え、高めることにつながります。

モノづくり(特産品・販路開拓等)の
成果実施事例

Case1
平成27年度地方創生加速化交付金プロジェクト
クライアント 鹿児島県 長島町
目的 鹿児島県長島町は、養殖ブリの生産量日本一を誇ります。また、日本で初めてEUのHACCP認証を取得し、27カ国にも輸出しています。しかし、一般消費者への認知度が低いという課題を抱えており、首都圏でのブリを始めとした長島町ブランドの認知度・知名度の向上を図りました。
業務サポート領域 ・全体企画のコーディネート
・地域食材のブランディング手法構築
・販売方法の企画、構築
・プロモーション
・クリエイティブ

首都圏での継続的かつ広範囲なPR手法を開発、コスト削減にも貢献!

首都圏で自治体が行う継続的なPR手法と言えば、アンテナショップの開設が一般的です。しかし、自治体が単体でアンテナショップを構えることは、コスト面での負担が大きく、長島町にとっては実現不可能に近い状況でした。

そこで、都市部のビジネスマンが直面する課題の一つ「ランチ難民」の対策として、キッチンカーを使ったランチの提供に目をつけました。

長島町の美味しいブリをキッチンカーで提供すれば、アンテナショップより数多くの方々に食べる機会を提供でき、アンテナショップのような運営コストがかからないのではないか、さらに移動自体が宣伝活動になり認知拡大を図れるのではないか、という仮説を提案し、即採用となりました。

カテゴリー: 地域・行政
この実績の詳細を見る
Case2
ヘルスケアビジネス推進事業
クライアント 一般社団法人かなぎ元気村
目的 奥津軽エリアでは、北海道新幹線「奥津軽いまべつ駅」開業という絶好の機会に、官民挙げての観光による地域づくりを推進していく上で、改めて奥津軽のDNAを掘り起こし、地域住民の誇りとなる地域の物語をコンテンツ化することが求められていました。
そこで、地域の身近にあった奥津軽の青森ヒバ林と津軽森林鉄道軌道跡といった「ここにしかない」地域資源を活用し、『ウェルネス』を切り口に、新たな観光地域づくりとヘルスケアビジネス創出を目指しました。
業務サポート領域 ・運営の土台作り
・各種プログラムの構築、磨き上げ
・人材育成
・情報発信、販売促進活動

地域の記憶に隠れていた地域資源を活用したウェルネスプログラムを開発

日本三大美林・青森ひば林と林業遺産・津軽森林鉄道軌道跡を活用した奥津軽トレイルのフィールドを活用し、ドイツで親しまれている気候療法のノウハウを取り入れた青森ヒバセラピープログラムと、地産地消にこだわった健康食を組み合わせたウェルネスプログラムの開発を目指しました。

それは「DAZAI健康トレイル」と命名され、青森県が短命県日本一を返上するプログラムとして「『奥津軽の自然や食文化を愛しながらも、不健康な文豪太宰治が、ココロもカラダも健やかになるプログラムにチャレンジするのなら?』をコンセプトにした5つのプログラムに結実。

そのうちの1プログラムが安全性や有効性が第三者機関であるヘルスツーリズム認証委員会に認められ、県内で初めてのヘルスツーリズム認証(第1期認証)となりました。

カテゴリー: 地域・行政
この実績の詳細を見る

関連するその他のサービス