logo

地域マーケティング

人づくり(人材育成・起業家等)

地域づくりに欠かせないのは、
それを担うヒト・人材です。
地域づくりの原動力となって、事業を推進する
人材の発掘、育成をサポートします

地域づくりは、それを担う人材こそが原動力となります。地域のさまざまな事業を推進し、活躍してくれるヒトを地域の内外から集めることが成功要因といっても過言ではありません。私たちは、そうした人材の発掘から事業者とのマッチング、地域の「リーダー」の役割を果たす人材への育成まで、幅広い領域をサポートします。

新規事業立ち上げサポートなど実践的なセミナー、ワークショップの開催

あらゆる局面で都市への一極集中が進む現在、人材も地域から流出してしまっていませんか?
そうした人々はもはや地域には活躍するフィールドがないと思っているのかもしれません。地域に新しい息吹をもたらす人材を発掘、育成するプログラムの実施は、人材流出の抑制にもつながります。
セミナーやワークショップといったプログラムを通じて、まずは「事業とは何か」といった考え方を共有し、スモールスタートによって成功体験を積み重ねていくことで、地域を活性化する事業に対する夢を育んでいけるような新規事業の立ち上げをサポートしていきます。

新しい価値を創造するベンチャーやスタートアップ企業とのマッチング

既存事業の拡大を図ったり、地域の課題を解決したりするために、他業種や新しい事業を展開する企業等とのコラボレーションを促進するマッチングイベントの開催をサポートします。
異文化との出会い、交流から新たなアイデアや新しい事業が生まれ、時代の流れに合わせながら地域の価値を高めていきます。
コラボレーションの相手となるベンチャーやスタートアップ企業にとっても、それまでにはなかったアイデアの素を得て、事業の幅や深さを広げるきっかけとなり、互いに「Win-Win」の関係が構築できます。
ゆくゆくは、リモートワークやワーケーション、移住定住の促進等、新しい働き方や生活様式の創出につながる可能性もあります。

人づくり(人材育成・起業家等)の
成果実施事例

Case1
「マルシェ」×「スクール」プログラム業務委託
クライアント 佐賀県
目的 ・地元で創業・起業を行う機運の醸成
・潜在ニーズを丁寧にサポートすることによる起業ニーズの顕在化
・起業希望者を意識醸成の段階から丁寧に育て上げるための人材育成プログラム構築と実施のサポート
業務サポート領域 ・全体業務管理
・人材育成プログラム開発
・イベント企画と運営サポート

潜在的な起業家を顕在化させるフォーラムを実施

潜在的な起業希望者が起業の準備に踏み切れない大きな理由は、事業化に向けた具体的な段取りや手続きに関する知識が無いこと。潜在的な起業希望者を顕在化させていくには、そうした知識を学ぶ環境が必要です。しかし、従来の支援策では、集合カリキュラムでの研修が主流で、机上での計画作成が多く、具体的な起業までイメージできるケースがありませんでした。マインドシェアでは、机上のプラン作成に留まらず、実践を通じて「起業」の持つ魅力、「起業」によって自身の生活・未来がどのように魅力的に変わるのかをイメージできるプログラムを開発しました。
第一段階として、専門書等の座学ではなく、実際の起業した者のみが知り得る現場の課題、課題解決方法等を伝えるフォーラムを開催。1回目は実業に即したプログラム実現のため著名な講師・パネラーを選定、2回目は県内で既に店舗経営をしている先輩事業者を招聘し、新規出店までの経緯や、感動秘話・失敗談などを伝えていただくトークセッションを開催し、潜在的な起業家たちから実際の起業にチャレンジしようという希望者をあぶり出しました。
さが企業ノウハウフォーラムの様子

知識ではなく、実際に即した「知恵」を身につけるカリキュラムを実施

起業希望者に対しては、改めて新規出店に活かせる知恵を授ける実践的な講座を全4回のスクール形式で実施しました。受講生が希望する業種の先輩事業者による個別指導では、これまでぼんやりと考えていた新規出店の夢を整理し、自分の計画を人前で発表した。

さらに、計画の実践の場として「マルシェ」を立ち上げ、店舗の開店から運営に至る一連の業務を体験する機会を創出しました。経験者が授ける具体的な知恵と、実際の現場体験を通して、起業への道筋を明確化することで、具体的な新規出店イメージを持てるようなサポートを実施しました。
さが企業ノウハウフォーラムに関連したマルシェ

カテゴリー: 地域・行政
Case2
農泊推進対策
クライアント 天童市観光果樹園連絡協議会
目的 山形県天童市の観光果樹園では、高いブランド力を誇るさくらんぼ農家数が減少し、観光シーズン中に加工用の果物が収穫できないこと等が観光農業の課題として浮かび上がっていました。

そこで、天童市観光果樹園連絡協議会とともに農林水産省が推進する「農泊事業」にエントリー。集中する観光シーズンにおける観光農園・農業従事者を確保しながら、地域内滞在時間の増加を目指す、「知らない土地での暮らし体験」と「誰かの役に立つ」喜びを感じる「glad(喜び・感謝)・ツーリズム」を推進し、農観連携による地域課題の解決を目指しました。
業務サポート領域 ・体験プログラムづくり
・推進体制整備、推進サポート
カテゴリー: 地域・行政
この実績の詳細を見る

関連するその他のサービス