logo

商業マーケティング

キャッチコピー調査(クリエイティブ択一調査)

キャッチコピーをはじめとするクリエイティブの最終決定を関係者の一存で決定していませんか?

キャッチコピーやパッケージデザインなどのクリエイティブはプロモーション施策が実施できない商品でも、生活者が必ず接触する唯一のプレゼンテーションの場です。タイトなクリエイティブの制作スケジュールに追われ、段階的に検証できていない実態も散見しますが、クリエイティブは些細な違いでも大きく影響してしまうため、段階的な検証をお勧めします。

キャッチコピーなどのクリエイティブ調査の課題

クリエイティブの調査手法として、複数案提示した上で最も良い案を選択させたり、各案について5~7段階評価を付け評価することが一般的ですが、評価数値が近いクリエイティブをどう解釈・判断するかが非常に難しい課題です。

例えば、案Aに対し、同様の評価「4」を付けている場合、数値上は同列評価ですが、実際生活者にヒアリングすると、その中でも優劣が発生することがあります。あるいは、数パーセントの違いで案A・Bの順位が付いたとして、数パーセントの違いがどんなインパクトを与えるか?という問いがあった場合、回答が難しいことも課題の一つに挙げられます。
一方で、キャッチコピーなどのクリエイティブ調査が段階的に実施されていない要因として、制作・入稿スケジュールと調査スケジュールが噛み合わないことが挙げられます。
また複数回調査を挟むことで費用も高額となり、渋々どこかの段階に限定して、検証するケースが多く見られます。

クリエイティブ評価には「択一法」が最適

前述の課題を解決する手法として、マインドシェアは「択一法」を採用しています。
案に対し段階評価を付けるわけではなく、メインとして相対評価を使用します。2~3案ずつ総当たり戦でどちらが良いかを一定時間内に回答を促し、瞬間的にどちらが「購買」や「獲得したいイメージに沿っているか」を問います。この「一定時間内に回答を促し、瞬間的に選択させる」ことがポイントで、実際の購買行動上、歩きながらざっくりと商品をチェックしながら、気になった商品について初めて吟味するフェーズに入るため、まずは瞬間的に気になるものが第一優先となります。心理学的観点からも、実際の購買行動時と近い条件での評価が好ましく、近年採用が急増しています。
また絶対評価と併せての評価も可能で、ブラッシュアップに向けてのファクト抽出としても活用しています。

聴取可能なクリエイティブ例

・キャッチコピー
・タグライン
・パッケージデザイン
・ロゴデザイン
・シズル
・パッケージ色、容器
・広告(静止画)
・フォント など

マインドシェアのクリエイティブ調査(択一法)の費用・スケジュール

課題で記述した「スケジュール」「予算感」についても活用しやすいクリエイティブ評価向けの仕様となっています。

費用感

クリエイティブ調査料金表

※上記料金は出現率10%以上の対象者を想定しています。
※10%未満の場合は、別途御見積致します。
※オリジナル設問の設計も承ります。(別途御見積)

スケジュール

発注から最速1.5週間後の納品

キャッチコピー調査(クリエイティブ択一調査)の
成果実施事例

Case1
ブランドタグラインの選定
クライアント 大手飲料メーカー
目的 スピード・短納期・クオリティを兼ね備えたクリエイティブ候補の絞り込み
課題 クリエイティブの評価は解釈が難しく適切な手法選定が必要
業務サポート領域 ブランドタグラインの選定
カテゴリー: 食品
この実績の詳細を見る
Case2
最も効果的なキャッチコピーの選定に成功
クライアント 大手飲料メーカー
目的 最も伝えたいことが伝わり思わず買いたくなるキャッチコピーを選定したい。
業務サポート領域 キャッチコピーの選定
カテゴリー: 食品
この実績の詳細を見る

関連するその他のサービス